2006年05月29日

Luce dei miei Occhi(ぼくの瞳の光)

Luce dei miei Occhi 題名 Luce dei miei Occhi(ぼくの瞳の光)
監督 Giuseppe Piccioni(ジュゼッペ・ピッチョーニ)
出演 Luigi Lo Cascio(ルイジ・ロ・カーショ)
Sandra Ceccarelli(サンドラ・チェッカレッリ)
Silvio Orlando
Barbara Valente
ジャンル 感動映画
製作年・ 会社 Medusa Home Entertainment, 2002, イタリア
定価 16.0ユーロ
重量 210g
リージョン PAL Area 2 ※日本ではパソコンで鑑賞可能です
時間 112分
音声 イタリア語、Dolby Digital 5.1
字幕 イタリア語
特別コンテンツ バイオグラフィー、メイキング映像、フィルモグラフィー、予告映像
     
ストーリー タクシー運転手をするアントニオはナイーブでSF小説が好き。マリアは自分のお店を開店したばかりで借金を抱え、1人の男のことでいつも狼狽している。さらにはシングル・マザーとして娘の親権が奪われるのではないかと大きな不安を抱えいつもイライラしている。ある日二人は出会い、アントニオは一目で恋に落ちる。アントニオは自分の世界から飛び出し、献身的な愛をもってマリアが抱える現実を助けようと立ち向かう。
お勧め度
5つ星
今やイタリアを代表する俳優となったルイジ・ロ・カーショ作品の中で最も高い評価を得た作品。国内外の賞を総なめにしました。
イタリア語易しさ
3つ星半
単語は難しいので覚悟が必要です。特にSF小説と現実とのコントラストを表現する上で難しい表現があります。
雑感 大好きなルイジ・ロカーショ主演作品。大人の恋を現実的な視点で描いた心温まる感動作品。子どもを思う親の愛情、素直に気持ちを表現できない大人のエゴ。徐々にマリアが心を開き、最後に笑顔を見せる時、ついつい涙してしまいました。
cart.gif イタリアからの購入方法・ご注文は【こちら】
posted by Tsuyoshi at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めのイタリア語DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18529063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。